メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大橋衝突1週間

島内断水復旧めど立たず 長期化必至

衝突事故があった大島大橋の下を航行する周防大島松山フェリーの定期船。島で活動する給水車が積まれている=山口県周防大島町で2018年10月28日午後0時38分、松本昌樹撮影

 山口県の離島、周防大島町と本土を結ぶ大島大橋(1020メートル)に22日未明に貨物船が衝突した事故から29日で1週間。送水管破断による断水は町内のほぼ全域で現在も続き、復旧のめどはたっていない。通行が制限されている橋の応急復旧も12月上旬までかかる見込みで、住民生活への影響は長期化が必至だ。【松本昌樹、祝部幹雄】

 水道用水を供給する柳井地域広域水道企業団は29日、橋の歩道上に送水管の敷設を始めた。11月6日の送…

この記事は有料記事です。

残り1220文字(全文1428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです