メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

マラソン午前5時半スタートに 医師会が提言

 日本医師会と東京都医師会は29日、2020年の東京五輪のマラソンのスタート時刻について、予定されている午前7時から1時間半早め、午前5時半とするよう求める提言を東京五輪・パラリンピック組織委員会に提出した。選手や観客らに熱中症患者が急増する可能性を示す研究結果を基に、「健康と生命を守る手段として(7時開始は)適切ではない」と指摘している。

 松本孝朗・中京大教授(環境生理学)らの研究では、熱中症のリスクを示す「暑さ指数」が午前7時開始だとほとんどの区間で「厳重警戒」レベルを超えるが、同5時半に早めると1段階低い「警戒」レベルになるという。両医師会はこの研究を基に、熱中症で救急車要請が急増した場合、都内の救急態勢がパニックになる可能性があるとして、開始時刻を早めるよう求めた。

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです