メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・課長補佐時代

国土交通省官房長 藤井直樹(57)

藤井直樹氏

課題整理、立案、実行の基本学ぶ

 課長補佐として仕事をしていた1990年代の10年間、職場では「総括」と呼ばれていました。課の仕事全体を仕切る、という意味です。霞が関の尊敬する先輩から「ひとつ上のポジションだったらどうするかを常に考えて仕事をせよ」と教えられましたが、まさにその実践の場でした。

 課長補佐時代は、「担当分野の課題を整理し、改善方策を立案し、実行に移す」という霞が関の基本業務に本格的に携わる、大変重要でやりがいのある時期です。特に「どうあるべきか」を徹底的に考え、議論し、最終的な政策決定の材料を準備することが求められると思います。

 私の場合は、航空事業課の総括補佐という立場で、運賃制度の改革に取り組んだことが印象に残っています。…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文846文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS トミカファンのコレクター欲を刺激する「武将コレクション」 2月は「伊達政宗」を大胆デザイン
  2. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  3. 桜田五輪担当相が衆院予算委に遅刻 質疑中断
  4. 4歳長女に傷害容疑、母逮捕 全身100カ所の傷痕 鹿児島
  5. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです