メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・課長補佐時代

国土交通省官房長 藤井直樹(57)

藤井直樹氏

課題整理、立案、実行の基本学ぶ

 課長補佐として仕事をしていた1990年代の10年間、職場では「総括」と呼ばれていました。課の仕事全体を仕切る、という意味です。霞が関の尊敬する先輩から「ひとつ上のポジションだったらどうするかを常に考えて仕事をせよ」と教えられましたが、まさにその実践の場でした。

 課長補佐時代は、「担当分野の課題を整理し、改善方策を立案し、実行に移す」という霞が関の基本業務に本格的に携わる、大変重要でやりがいのある時期です。特に「どうあるべきか」を徹底的に考え、議論し、最終的な政策決定の材料を準備することが求められると思います。

 私の場合は、航空事業課の総括補佐という立場で、運賃制度の改革に取り組んだことが印象に残っています。…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです