メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

動物の福祉 「アニマルウェルフェア」の食材を

狭いケージから開放された鶏の写真を掲げる岡田千尋さん=東京都渋谷区で

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、大会期間中に提供される畜産物などの調達基準を、家畜の飼育環境を重視する「アニマルウェルフェア」(動物の福祉、AW)に基づいて生産された食材に徹底するよう、市民団体などがキャンペーンを展開している。海外のアスリートからは「選手村での食事に懸念がある」との声が上がっており、米国の五輪メダリストらが9月、小池百合子・東京都知事と東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会あてに要望書を送付した。

 食材の調達基準について改善を求めるのは、米国のドッチィ・バウシュさん(自転車競技、ロンドン五輪・銀メダリスト)、レベッカ・ソニさん(水泳、北京、ロンドン五輪・金メダリスト)ら9人。要望書では「選手の食べるものが競技の結果に直結する。ストレスを与える方法で飼育されたグレードの低い栄養のものでは、それなりの結果しか出せない」と強調し、ケージフリー(平飼い、放し飼い)の鶏が産んだ卵や、妊娠中にストール…

この記事は有料記事です。

残り1335文字(全文1756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  3. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 九州豪雨・被災者の証言 熊本・球磨村その1 「自分の身は自分で守って」未明の防災無線

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです