メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

動物の福祉 「アニマルウェルフェア」の食材を

狭いケージから開放された鶏の写真を掲げる岡田千尋さん=東京都渋谷区で

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、大会期間中に提供される畜産物などの調達基準を、家畜の飼育環境を重視する「アニマルウェルフェア」(動物の福祉、AW)に基づいて生産された食材に徹底するよう、市民団体などがキャンペーンを展開している。海外のアスリートからは「選手村での食事に懸念がある」との声が上がっており、米国の五輪メダリストらが9月、小池百合子・東京都知事と東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会あてに要望書を送付した。

 食材の調達基準について改善を求めるのは、米国のドッチィ・バウシュさん(自転車競技、ロンドン五輪・銀メダリスト)、レベッカ・ソニさん(水泳、北京、ロンドン五輪・金メダリスト)ら9人。要望書では「選手の食べるものが競技の結果に直結する。ストレスを与える方法で飼育されたグレードの低い栄養のものでは、それなりの結果しか出せない」と強調し、ケージフリー(平飼い、放し飼い)の鶏が産んだ卵や、妊娠中にストール…

この記事は有料記事です。

残り1335文字(全文1756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

  5. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです