メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・パラスポーツ

根木慎志(車いすバスケットボール)

「パラスポーツを通じて、人間の可能性ってすごいんやと伝えたい」と語る根木慎志さん=東京都千代田区で2018年10月13日

人間の可能性の素晴らしさを伝えたい

 車いすバスケット元日本代表主将の根木慎志(54)は、学校訪問を始めて30年を超える。通算約3000校、80万人に接して磨いた話術を持ち、「パラスポーツを通じて人間の可能性ってすごいんやと伝えたい」と語る。

 岡山市で生まれ、3歳ごろに奈良県大和高田市へ。中学で競泳200メートル個人メドレーの県記録を樹立し近畿大会に出た。だが、進んだ新設高にプールはなく、同級生11人でサッカー部を作った。高校3年だった1983年1月に車を運転していて交通事故に遭った。約2カ月間動けず、卒業式に出られなかった。

 入院からほぼ半年、寝たままの生活を送り、「生きる意味がない」と思いつめていた。ある日、車いすに乗っ…

この記事は有料記事です。

残り1091文字(全文1406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  4. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです