メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・特集

シンポジウム2018 この国のかたちを問う

左から小川一、岡本薫明、松木健の各氏=東京都千代田区で2018年10月4日

 政策情報誌「毎日フォーラム」が毎年開催している「この国のかたちを問う」と題したシンポジウムが10月4日、東京都千代田区のグランドアーク半蔵門で開かれた。パネリストに財務省の岡本薫明事務次官を招き、もう一人のパネリスト、毎日新聞の松木健・執行役員編集編成局長と進行役の小川一・毎日新聞グループホールディングス取締役が登壇し、熱のこもった議論を展開した。岡本次官は冒頭の基調講演で「日本の財政問題は社会保障改革にかかっている。給付と負担のバランスが大きく崩れている社会保障をどう考えていくかだ」などと語った。会場には官公庁や民間企業の幹部など約350人が詰めかけ、熱心に聴き入っていた。

この記事は有料記事です。

残り4274文字(全文4566文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです