メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

上原 隆・評『僕の昭和史』『泥棒はスプーンを数える』

自分を守る鎧として使い分ける日本男性の一人称を考察してみる

◆『僕の昭和史』安岡章太郎・著(講談社文芸文庫/税別2900円)

◆『泥棒はスプーンを数える』ローレンス・ブロック/著 田口俊樹/訳(集英社文庫/税別1100円)

 私は、いつごろから自分のことを「ぼく」ではなく「私」というようになったのだろう。小学生の頃、「ぼくはねぇ」といってたことは覚えている。中学生になってからはどうだろう。ハッキリしない。どこかの時点で「私」に変えたのだろうが、それには何かきっかけがあったのだろうか。

 こんなことを考えたのは、安岡章太郎『僕の昭和史』を読んだからだ。この本は3章からなっている。1章は…

この記事は有料記事です。

残り1204文字(全文1495文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです