メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP

12月30日発効 世界貿易額の15% 日本含む11カ国

 日本など11カ国がアジア太平洋地域に巨大自由貿易圏を作る環太平洋パートナーシップ協定(TPP)が12月30日に発効する。発効に必要な6カ国の国内手続きが完了したためで、茂木敏充経済再生担当相が31日に記者会見し、明らかにした。茂木氏は年明けに加盟国拡大の手続きなどを協議するTPP委員会の初会合を日本で開催する方針も表明した。【加藤明子】

 発効により、世界の貿易額の15%、世界の国内総生産(GDP)の13%を占める自由貿易圏が誕生する。域内の最終的な関税撤廃率は99・9%となり、日本は国内で46万人の雇用創出効果を見込む。TPPは当初、米国を含めた12カ国による協定だったが、トランプ米大統領が2017年1月に離脱を表明。その後は日本が主導して11カ国の合意をまとめあげた。

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 高知市の30代女性看護師が感染 高知県で初確認

  3. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  4. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  5. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです