メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

歌手・渥美二郎さん 懐深い北千住の優しさ

 もいだ柿を握り、「うわーっ」と叫びながら必死に走りました。小学1、2年の頃です。近所の家の木にぶら下がっていた実が「おいしそうだな」と思ってとったら、突然、その家のおじさんがガラッと戸を開け、「こらーっ!」と追いかけて来た。おじさんの足はゲタだから、逃げ切れると思ったけど、当時の大人は体力があったんですかね、どんどん迫ってくる。結局、つかまっちゃって、ガツンとゲンコツ。「人の家の柿をとったら、泥棒だぞ!」と、ものすごく怒られました。でも最後に、おじさんはその柿を僕の手に握らせ、こう言ったんです。「いいか、これはお前にやる。欲しかったら、いつでも俺に言ってこい。でも、黙ってとるのはいけないことだ」

 もう60年近くたつのに、あの時の光景は目の前で起きているように鮮明です。ゲンコツの痛みまで覚えてい…

この記事は有料記事です。

残り1437文字(全文1789文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら
  3. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  4. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  5. 新幹線「N700S」が時速360キロ 東海道で過去最高速度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです