メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展覧会

「アジアにめざめたら」展 歴史化への第一歩=評・永田晶子

タン・ダウ「溝とカーテン」(1979年)=手前=と野村仁「ドライアイス」(1969/2017年)=永田晶子撮影

 東南アジアの現代美術を紹介する大型展は昨年、東京都内2館が同時開催した「サンシャワー」展が記憶に新しい。本展は時代を遡(さかのぼ)って1960~90年代で区切り、日本を含むほぼアジア全体を射程に入れた。日本、韓国、シンガポールの国立美術館3館共同企画だ。

 10を超す国・地域の絵画や彫刻、映像、写真など約140点を展示。この時期、アジア諸国は戦争や紛争、急速な工業化、強権政治や軍事政権に抵抗する民主化運動に直面した。激動する社会に呼応した作品が多く、入り口で配布する小冊子が理解を助けてくれる。だが最初はあえて目を通さず、会場を一巡することをお…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文687文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 最新鋭マシンか伝統の技か 開票どちらが早く正確か 近づく参院選本番
  5. がん検診誤通知で女性死亡 「要精密検査」を「異常認めず」と 岐阜市

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです