特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

社会人野球

日本選手権 あす開幕 秋田の近野審判員派遣 初の全国舞台「全て出し切る」 /秋田

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
秋季東北地区高校野球大会準決勝で球審を務めた近野徹審判員
秋季東北地区高校野球大会準決勝で球審を務めた近野徹審判員

 11月1日に京セラドーム大阪(大阪市)で開幕する第44回社会人野球日本選手権大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)で、秋田市の団体職員、近野(こんの)徹さん(38)が東北地区から2人派遣される審判員の一人として大会に臨む。「全国の舞台はずっと目指していた場所。自分の技術や能力を全て出し切りたい」と意気込む。【高野裕士】

 小学4年の時に野球を始め、秋田中央高卒業時まで熱中した。甲子園でのプレーを夢見ていたが、高校3年の夏の秋田大会ではスタメン入りできず、チームも3回戦で敗退した。実力の限界を感じ、その後、数年間は野球から離れた。だが「野球が好き」「野球に携わりたい」という気持ちはくすぶり続けた。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文881文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る