メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展

明治維新から150年 富山藩士の奮闘知って 市郷土博物館 /富山

戊辰戦争で、富山藩士の福島県内での戦いを描いた屏風=富山市本丸の市郷土博物館で、青山郁子撮影

 今年は明治維新から150年。「薩長土肥」をはじめ、重要な役割を果たした福井藩、維新の立役者などのゆかりの地で関連行事が催されている。一方、富山藩や本藩である加賀藩の影は薄く、幕府軍と新政府軍のどちらに付いたのか知らない県民も多い。しかし近年の研究で、富山藩士も“ぼーっと生きて”いたわけではないことが明らかになりつつある。富山市郷土博物館(同市本丸)で開催中の特別展「幕末動乱と富山藩」では、激動の世を生き抜いた藩士の奮闘ぶりを知ることができる。その一端を紹介する。【青山郁子】

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです