メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

明治時代の陶工、加藤五輔の名品42点 多治見 /岐阜

 明治時代の染付細密画の陶磁器技術で、西欧から高い評価を得た多治見の陶工の足跡を回顧する企画展「加藤五輔展」が多治見市旭ケ丘の市文化財保護センターで開かれている。明治維新150年の記念展で、12月28日まで。

 加藤五輔は江戸時代の1837年に現在の多治見市市之倉町の窯元に生まれた。日本の花鳥や山紫水明の風景などを繊細なタッチで描いた染付細密画に優れ、格調の高い染付磁器を手掛けて第1回内国勧業博覧会(1877年)で最高の鳳紋章、パリ万博(1878年)で名誉賞を受ける…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文585文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 元「歌のお兄さん」に有罪判決 覚醒剤使用 東京地裁 
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです