メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「ビブリア古書堂の事件手帖」あす公開 主演・黒木華さん、意気込み語る 「原作イメージにプラスして」 /愛知

 読書週間中の11月1日、本を愛する人たちに向けたミステリー映画「ビブリア古書堂の事件手帖(てちょう)」が全国公開される。古書堂店主を演じた主演女優の黒木華(はる)さん(28)と、三島有紀子監督(49)が名古屋市内で意気込みを語った。

 「読書が好きで本屋にはよく行きます」という黒木さん。「装丁買いや帯買いをしたりする。太宰治や江戸川乱歩、暗闇が深い作品が好き。根暗なんです」と笑いを誘った。

 2012年の本屋大賞にノミネートされ、シリーズ累計640万部を突破したベストセラー小説を映画化した…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文662文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 陸上イージス 防衛省、標高も誤り グーグル使いズレ
  5. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです