守山市立図書館

あす開館 老朽化で建て替え 文化発信拠点に /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
滋賀県産の杉を使った新しい図書館の外観=滋賀県守山市守山5の市立図書館で、礒野健一撮影
滋賀県産の杉を使った新しい図書館の外観=滋賀県守山市守山5の市立図書館で、礒野健一撮影

 老朽化で建て替え工事が進められていた新たな守山市立図書館(同市守山5)が11月1日の開館を前に、報道関係者に公開された。旧図書館の約1・5倍の広さにカフェや音楽スタジオも設けられ、市民の文化発信拠点として期待されている。

 新図書館は鉄骨2階建てで延べ床面積約4168平方メートル、蔵書収容冊数約38万冊を数える。東京・新国立競技場をデザインした建築家の隈研吾氏の設計で、外壁や内部の天井に県産の杉を用い、木のぬくもりが感じられるのが特徴。1階吹…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

あわせて読みたい

注目の特集