メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

「デジタル課税」 20年から米IT大手に

 【ロンドン三沢耕平】英政府は29日(日本時間30日)、米グーグルやアマゾン・コムなどのIT大手を対象にした「デジタル課税」を2020年4月に導入する方針を発表した。インターネットを通じた国境を越えるサービスに対する課税のあり方は国際的な議論になっており、主要20カ国・地域(G20)や欧州連合(EU)などでも導入の是非が検討されてきたが、英国で実際に導入されれば先進国では初めてとなる。

 ハモンド英財務相が来年度予算の説明にあたる秋季財政演説で表明した。課税の対象となるのは、年間の売上高が5億ポンド(約720億円)以上で、経営が黒字状態にある企業。オンライン広告やネット通販などで英国のユーザーから得た収入に2%を課税する。英政府は年4億ポンド(約570億円)規模の税収を見込んでいる。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  5. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです