メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古、来月にも工事再開 国交相、県の承認撤回を停止

 石井啓一国土交通相は30日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画について、県による名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回の効力を一時停止すると決定した。これを受けて防衛省は近く埋め立て工事を再開する方針だ。

 県は8月31日、工事予定海域の地盤が軟弱などの理由で埋め立て承認を撤回し、工事は中断した。沖縄防衛局は今月17日、国交相に行政不服審査請求し、結論が出るまで撤回処分の効力を止めるよう求めていた。

 石井氏は記者会見で「普天間飛行場周辺住民の危険性の除去や、騒音などの被害防止の早期実現が困難になる。日米間の信頼関係や同盟関係にも悪影響を及ぼしかねない」と説明。こうした点が「緊急の必要がある」という効力停止の要件に該当すると述べた。

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです