メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外首相が緊急事態宣言を発令 7都府県、午前0時に発効
クローズアップ2018

徴用工 日本側敗訴確定 日韓関係、かじ取り混迷

 韓国の最高裁で30日、元徴用工を巡って日本企業への賠償命令が初めて確定した。従来の韓国政府見解とも異なる判断で、日本政府は「極めて遺憾」とする外相談話を出した。今後、訴訟が拡大する可能性もある。日韓の外交・経済関係への悪影響が懸念され、文在寅(ムンジェイン)政権は対策を迫られている。

 「政府は韓日両国関係を未来志向的に発展させることを希望している」。韓国の李洛淵(イナギョン)首相は、判決後のコメントで、日韓関係に大きな打撃を与えたくないとの思いをにじませた。

 北朝鮮の非核化と南北関係改善が最優先課題となっている文政権にとって、このタイミングで日本との関係を急速に悪化させるのは得策ではない。

この記事は有料記事です。

残り2341文字(全文2640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象に

  2. 特集ワイド コロナショック 大谷義夫医師「最強の体調管理」 朝食欠かさず昼寝、散歩を よく笑って免疫力アップ

  3. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  4. 緊急事態宣言 休業か、一部営業か「あらゆる事態想定」 対応追われる百貨店

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです