メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

迫る米中間選挙

スチュアート・ローゼンバーグ 政治アナリスト

 米中間選挙(11月6日投開票)が目前に迫った。選挙は上下両院の与野党勢力図を決し、4年の任期を折り返すトランプ大統領への審判となる。保護主義的な「米国第一」路線を掲げ、リベラルな国際秩序を揺さぶるトランプ政権。予想される有権者の投票行動は。選挙結果は日米関係にどのような影響を及ぼすだろうか。

上下院ねじれ、対立が激化 スチュアート・ローゼンバーグ 政治アナリスト

 中間選挙では下院で民主党が多数を奪還する可能性が非常に高い。上院は共和党が過半数を維持し、場合によっては議席数を伸ばすこともあり得る。上下両院で多数派が異なる「ねじれ」状態が生まれる公算が大きい。その背景には、それぞれの選挙の特徴がある。

 上院で改選となるのは、保守的で白人や高齢者の比率が高い地域だ。共和党が強く、トランプ大統領の支持基…

この記事は有料記事です。

残り4240文字(全文4592文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです