メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

クルド人と日本社会 第三者機関が難民認定を=鴇沢哲雄(さいたま支局・川口通信部)

クルド民族の新年祭「ネブロス」で、民族衣装姿で踊る女性たち=さいたま市の秋ケ瀬公園で3月24日、鴇沢哲雄撮影

 国を持たない最大の民族といわれるクルド人。紛争や迫害で数百万人が難民となっている。日本国内ではトルコ出身の2000人が暮らし、うち1500人が埼玉県南部の川口市を中心に生活しているとされる。私は昨年12月から今年8月にかけて、埼玉面で企画「故郷遥(はる)か 川口のクルド人」を連載した。難民認定を求めて来日したものの家族と引き離されて入国管理局の施設に収容され、帰国を迫られる彼らの実態を知った。働き手不足を背景に外国人労働者が増える中、難民問題も議論すべき時に来ている。

 クルド人は人口2500万~3000万人で、トルコ、イラン、イラクなどにまたがる「クルディスタン」と…

この記事は有料記事です。

残り1799文字(全文2086文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

  3. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです