トランプ米大統領

移民策 派兵増でPR 国境警備強化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米国を目指す移民の男性に抱えられ、グアテマラとメキシコ国境のスチアテ川を越える少女=29日、ロイター
米国を目指す移民の男性に抱えられ、グアテマラとメキシコ国境のスチアテ川を越える少女=29日、ロイター

 【ワシントン高本耕太】米政府は29日、中米諸国から米国に向けてメキシコを北上している7000人近くの移民集団(キャラバン)の入国を阻止するため、メキシコとの国境に軍部隊5200人を派遣すると発表した。当初予定の800~1000人規模から大幅増。トランプ政権は不法移民対策を中間選挙の主要争点に据えており、11月6日の投票日を前に国境警備への強い意志を示す狙いもある。

 キャラバンは、治安悪化と貧困が深刻化するホンジュラスなど中米諸国から米国への難民申請・移住を目指す集団。29日に記者会見した米国土安全保障省の担当者によると、第1陣の約3500人がメキシコ南部を北上中で、第2陣の約3000人がグアテマラとメキシコの国境を越えようとしている。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文758文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集