メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人民元

貿易戦争、進む元安 資金流出懸念広がる 10年半ぶり水準

 【深セン(中国)赤間清広】中国の通貨・人民元の下落ペースが加速している。中国人民銀行(中央銀行)は30日、対ドル取引の基準となる「基準値」を1ドル=6・9574元と2008年5月以来、約10年半ぶりの元安水準に設定した。米中貿易戦争の激化に伴い中国からの資金流出懸念が拡大する中、元を買い戻す材料は乏しく、1ドル=7元の大台突破が近づいている。

 元相場は、今年に入り一時1ドル=6・2元台まで高騰したものの、米中の貿易摩擦が深刻化した今春以降、…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. 「サイレイヤ、サイリョウ!」2年ぶり鞍馬の火祭 夜空焦がす炎 京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです