ESG投資

責任果たす企業に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ESG投資とは?
ESG投資とは?

 <くらしナビ 環境>

 地球温暖化対策や社会貢献などに取り組む企業に投資する「ESG投資」が、世界的な広がりをみせている。将来的な投資リスクを懸念する投資家の働きかけで、国内企業でも一部の化石燃料からの投資撤退などを表明。「投資家が企業を動かす」時代を迎えている。

 ●金融市場にも影響

 「この1年で企業と投資家の対話が活発化し、国内企業もESG投資を意識するようになってきた」。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の広報を担当する本多奈織さんは説明する。

 GPIFは厚生年金と国民年金の積立金を管理・運用する機関投資家で、運用資産総額は世界最大規模の約160兆円。金融市場への影響力も大きい。2017年7月に本格的なESG投資を始め、世間の注目を集めた。ESG投資額は今では約3兆円にもなる。国内のESG投資は17年に136兆円を超える規模に拡大しており、本多さんは「投資家の要求を企業も無視できなくなってきている」と指摘する。

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1310文字)

あわせて読みたい

注目の特集