メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界

適応の現場から/7 果樹、野菜の品質劣化防げ

温暖化の影響で着色不良となったブドウ=農研機構提供

 <くらしナビ 環境>

 農業は、地球温暖化などの気候変動の影響を受けやすい産業だ。国内でもすでに高温による農作物の生育障害や品質低下が顕在化している。特に、ブドウなどの果樹やトマトなどの野菜は、気温の上昇で品質や収穫量が不安定になるため、対策は喫緊の課題だ。温暖化に適応し、影響を減らすことで安定した生産を目指す現場を追った。

この記事は有料記事です。

残り1554文字(全文1717文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  3. 滋賀県が個人住所特定できる資料誤公表、ヤフコメで発覚
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 不適切動画 すき家店員「くびかくご」店内で氷投げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです