メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こころの天気図

緑と自然の効用=東京大教授、精神科医 佐々木司

イラスト・立川善哉

 「エコセラピー」という言葉を、ご存じだろうか。

 自然に親しみ、その効果を健康の増進に生かす方法だ。具体的には、草花を育てたり、庭木の手入れをしたり、森の木々を眺めながら過ごしたりすることを指す。

 これは都会の街中でも可能で、豊かな街路樹を眺めるとか、木々や草花の豊かな公園で過ごすとかでもいい。運動が健康に役立つことは本コラムでも紹介してきたが、同じ運動でも緑の中の方が気持ちいいし、効果も高いらしい。

 かく言う筆者は今、ある街のカフェでこの原稿を書いている。ここは窓一面に街路樹の緑が広がっていて、ほ…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文995文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです