メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
こころの天気図

緑と自然の効用=東京大教授、精神科医 佐々木司

イラスト・立川善哉

 「エコセラピー」という言葉を、ご存じだろうか。

 自然に親しみ、その効果を健康の増進に生かす方法だ。具体的には、草花を育てたり、庭木の手入れをしたり、森の木々を眺めながら過ごしたりすることを指す。

 これは都会の街中でも可能で、豊かな街路樹を眺めるとか、木々や草花の豊かな公園で過ごすとかでもいい。運動が健康に役立つことは本コラムでも紹介してきたが、同じ運動でも緑の中の方が気持ちいいし、効果も高いらしい。

 かく言う筆者は今、ある街のカフェでこの原稿を書いている。ここは窓一面に街路樹の緑が広がっていて、ほ…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文995文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです