メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風疹

患者1486人に 官民、ワクチン補助進む

 今年の風疹の患者数は今月21日までの国立感染症研究所の集計で1486人に上り、既に昨年1年間(93人)の15倍を超える。流行拡大で最も懸念されるのが、妊婦から胎児へ母子感染して重い障害が生じる恐れがあることだ。妊婦やその家族への感染を防ごうと、行政や企業の対策も進みつつある。

 胎児の障害は心臓病や難聴、白内障など多岐にわたり、総称して先天性風疹症候群(CRS)と呼ばれる。発症頻度は妊娠初期ほど高く、1カ月で50%以上、2カ月35%、3カ月18%、4カ月8%程度。2012~13年の大流行では、その後45人のCRSが報告され、11人が死亡した。

 妊婦の感染対策の難しさは主に2点あり、一つは大人が風疹にかかっても軽症や無症状のケースが少なくない点だ。

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文880文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 一斉休校はやりすぎ? 感染拡大抑制に不可欠? 専門家の見方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです