メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Stand・by・you!そばにいるよ

保護者の悩み 耳傾け 夜間保育所の保育士・山口季恵さん(29)

夜間保育所の保育士、山口季恵さん=千葉県松戸市の「さわらびドリーム保育園」で2018年10月9日、谷本仁美撮影

 千葉県内で最初に開設された認可夜間保育所「さわらびドリームこども園」(松戸市)で副主任を務める。園児に夕飯を食べさせ、風呂に入れ、保護者が迎えに来るまで眠らせるのが一日の流れ。午前0時までの遅番勤務も週1~2日ある。

 子ども時代を社宅で過ごし、年下と触れ合う機会が多かった。幼い子の世話をするのが楽しく、保育士が夢になった。資格を取り一般の保育所に勤めたが、夜間保育に興味を持ち転職した。

 保育士になった大学の同級生に「夜間保育所ってどんなところ?」と聞かれることがある。さまざまな事情を抱えた家庭や文化の異なる外国人家庭もあるが、子どもたちはそんな区別なく仲良くなる。子どもらしさという点では変わらない。「『山口先生』と呼んでもらえるのがうれしい」と笑顔を見せる。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バイデン大統領が直面する困難な戦い 「事実を重んじる社会の再生」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです