メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

きょう強制不妊救済法、与党WT案 識者の話

選択権は本人にある 大正大学の沖倉智美教授(障害者福祉)の話

 おわびとは個人に届けるもので、被害者が分かっているのになされないのはおかしな話だ。被害者には知る権利と知らされない権利の両方があるが、選択権は本人にある。国側が勝手に決めることではない。

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 被災後初の週末、ボランティアは予想以下 大雨で途中撤退も 長野市

  4. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです