メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

こんなマシンが欲しかった×3! iPad Pro、MacBook Air、Mac miniタッチしてわかった「買うべき人」(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

こんなマシンが欲しかった--。そんな声が日本中、いや世界中から聞こえてきそう。10月30日(米国時間)にAppleが発表した新しい「iPad Pro」「MacBook Air」「Mac mini」。みなさんはどれが一番気になりますか? 現地のハンズオン会場で撮影した写真とともに、各製品の特徴をチェックしていきましょう。

 

iPad Proはベゼルレスになってよりスマートに

iPhoneに続き、今回発表された新しいiPad Proからもホームボタンがなくなりました。ベゼルは薄くなり、全面にディスプレイが広がります。指紋認証の代わりにFace IDが利用できるようになったことも大きな変化ですね。

 

↑11インチiPad Pro(左)と12インチiPad Pro(右)。サイズはそれぞれW178.5mm x H247.6mm x D5.9mmと、W214.9mm x H280.6mm x D5.9mm

 

↑同じく背面。カメラは1200万画素でF値1.8

 

本体デザインに注目すると、筐体がフラットな形状に変わり、厚みが従来よりも0.2mmほど薄くなりました。コネクタもLightningではなく、USB Type-Cを採用しています。

 

↑ディスプレイへの出力や、カメラなどとの接続、iPhoneへの充電など、USB Type-Cコネクタでできることは多い

 

Apple Pencilも2世代目にアップデートし、新しいiPad Proの側面にマグネットで張り付くようになりました。これで持ち運びも快適に。また、ペンを指でダブルタップすることで、消しゴムとペンなどを素早く切り替えられます。

 

↑この状態で充電も行われるようになった。固定した直後に電池残量がちらっと表示される。Apple Pencilは1万5660円

 

Smart Keyboardは、iPadの背面まで覆える「Smart Keyboard Folio」になりました。カバーの質感・キーの打鍵感ともによく、原稿執筆にも十分使えますよ。特に11インチモデルでは、キーボードの幅にゆとりが生まれたことで、筆者の手の場合、かなり入力しやすくなっていました。ちなみに、接続用の端子は端末の背面部に備わっています。

 

また、Face IDは横向きのまま使用できるので、Smart Keyboard Folioを装着したままでも認証を行えます。

 

↑「Smart Keyboard Folio」は11インチモデル用が2万1384円〜、12.9インチモデル用が2万4624円〜。角度は2段階で調整できる

 

チップセットには、最新のA12X Bionicを搭載。動画編集やARアプリもサクサク行えるパワフルな仕様になっています。ストレージは64GB/256GB/512GB/1TBを選択可能。価格は、最小構成の64GBの場合で12万744円です。

 

MacBook Airは便利機能が全部入り

MacBook Airも、従来モデルから大きく刷新。まず、13.3インチのRetinaディスプレイが搭載され、表示領域がかなり広がりました。見た目はMacbook Proの13インチモデルに近いですね。カラーバリエーションは3色あります。

 

↑左から「シルバー」「ゴールド」「スペースグレイ」。ゴールドはいわゆる金色ではなく上品な色味

 

キーボードには最新世代のバタフライ構造が採用されていて、打鍵感は良好でした。また、感圧タッチトラックパッドを搭載。トラックパッドの広さも、従来と比べて20%ほど広くなりました。

 

↑MacBook Airのディスプレイは、HDディスプレイの4倍の解像度に。色味も48%増したことで、微妙な色合いをより精細に表現できる。スピーカーも低音が2倍、音量25%増になり、ビューワーとしても使えるように

 

インターフェイスとしては、左側面にThunderbolt(USB Typs-C)ポートを2つ、右側面に3.5mmのヘッドフォンジャックを備えます。マイクも3つになっており、macOS Mojaveから使えるようになった「ボイスメモ」との相性も良いでしょう。

 

↑2つポートがあることで、外部ディスプレイへの出力と充電などを同時にこなせる

 

↑右側面には3.5mmヘッドフォンジャック

 

そして何と言っても、Touch IDが使えるのが嬉しい。これで起動時のロック解除やアプリ購入、ネットショッピングなどの承認でパスワードの入力が不要になります。Apple T2 Securityチップを搭載するので、セキュリティ機能が強化されるとともに、「Hey Siri」での操作も可能になりました。

 

↑「Touch Barは要らないけど、Touch IDは欲しい」と思っていた皆さん、お待たせしました

 

プロセッサには、第8世代のIntel Core i5(1.6GHz、デュアルコア、Turbo Boost仕様時最大3.6GHz、4MB L3キャッシュ)を搭載。メモリは8GBで、最大16GBのオプションを選択できます。ストレージは最小128GBのSSDですが、最大1.5TBのストレージまでをオプションで選べます。

 

↑ちなみに、MacBook Airの重さは1.25kg。既存の「MacBook」(0.92kg)よりもちょっとだけ重いです。「Air」というネーミングが少し紛らわしいかも

 

Mac miniも久しぶりのアップデート

久しく新モデルが出ていなかったMac Miniにも、待望の新モデルが登場しました。外見こそお伝えすることが少ないですが、中身はかなり進化していますよ。例えば、Xcodeのビルド時間を比較すると、2.2倍ほど高速になりました。

 

↑サイズはW19.7mm x H19.7mm x D3.6mm。「iPhone XS」と並べるとこんな感じ。カラーはスペースグレイに

 

↑Ethernet、Thunderbolt 3 x 4口、HDMI 2.0、USB 3 x 2口、3.5mmヘッドホンジャックなどが背面に備わっている

 

プロセッサは3.6GHzクアッドコアのIntel Core i3と、3.0GHz 6コアのIntel Core i5を選択可能。また、どちらもオプションで3.2GHz 6コアIntel Core i7に変更することもできます。

 

メモリは8GBが基本で、オプションで16GB、32GB、64GBも選択可能。ストレージはSSDで、128GB、256GB、512GB、1TB、2TBを選択できます。価格は最小構成で9万6984円〜です。

 

今回発表された新モデルは、どれも魅力的な製品ばかり。特にモバイルで利用するなら、11インチのiPad Proはかなりオススメです。また、新しいMacBook Airは、MacBook Pro 13インチモデルに惹かれつつも、その値段に手が出なかった人にすぐ買ってほしい。Mac miniも久しぶりのアップデートゆえに、買い替えはマストでしょうね。今年は財布の紐を緩めちゃいましょう。

【関連記事】
年間120億個のプロダクトに関わる「TE Connectivity」の意外に超重要なテクノロジー
【LINE誤爆】LINEのメッセージ取り消し機能についてまとめてみた!検証画像付きで解説
最小厚さは0.4cm! 海外で大人気の「世界一スリムなスマートウォレット」
痴漢の新しい手口!知らない人から卑猥な画像が送られてくる!AirDropを使った手口に気を付けよう。「AirDrop痴漢」の対策方法
インスタ公式にも紹介された「Maplelatte Erica」さん。リアルで可愛い食品サンプルがすごい!

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  2. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです