三菱UFJ信託

豪運用会社を買収 3000億円超

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)傘下の三菱UFJ信託銀行は31日、オーストラリアの銀行最大手、コモンウェルス銀行(CBA)傘下の資産運用会社(9社)の全株式を取得し、買収すると発表した。買収額は約3280億円で、国内金融機関による資産運用会社の買収額としては過去最大級。買収手続きは2019年半ばに完了予定で、実現すれば三菱UFJ信託はアジア・オセアニア地域で最大の資産運用会社と…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

あわせて読みたい

注目の特集