メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉

自殺未遂3度の男子生徒 いじめ詳細、学校不信記す

男子生徒がいじめを訴えて学校に渡した手紙。加害生徒などの名前も書かれていた=鴇沢哲雄撮影

 「ぼくは、サッカー部の友だちからいじめられている」--。いじめが原因で自殺未遂を3度繰り返した埼玉県川口市の市立中学の男子生徒(15)が、担任などにいじめを訴える手紙を提出していた。母親が毎日新聞に示した。いじめの詳細や自殺を示唆する記述があるにもかかわらず、学校は調査でいじめが確認できなかったなどと母親に伝えたという。生徒や母親は学校などへの不信感を強めている。【鴇沢哲雄】

 男子生徒は2016年4月の入学直後から同じサッカー部の同級生や先輩などからいじめを受け、同年9月と…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  3. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  4. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです