メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

“スーパー女子高生”世界に 久留米の素根選手

東京五輪代表を目指す素根選手(右)と練習相手として支える兄勝さん=福岡県久留米市の南筑高校で、安部志帆子撮影

 女子柔道重量級で世界一を狙う“スーパー女子高生”が快進撃を続けている。福岡県久留米市立南筑高校3年、素根輝(そね・あきら)選手(18)。身長162センチと重量級としては小柄ながら、得意の担ぎ技と抜群のスタミナを生かし、4月の全日本女子選手権や8月のアジア大会で優勝。練習相手の兄勝さん(22)との二人三脚で、2020年東京五輪での金メダル獲得を目指している。

 バンッ--。今月19日、南筑高の柔道場には兄勝さんと黙々と乱取りを続ける素根選手の姿があった。畳に…

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1028文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです