メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
英「デジタル課税」

国際ルールに不満 見直し進まず

デジタル課税に対する各国・地域のスタンス

 英国がデジタル課税を導入する方針を打ち出した背景には、グーグルやアマゾン・コムなど米国の巨大IT企業が国境を越えたサービスで巨額の利益を上げながら、現状の国際課税ルールでは十分に課税できていないという不満がある。国際的な課税ルール見直しの動きもあるが議論の進展は遅く、「結論を待てない」として英国に続き独自の課税に踏み切る国が出てくる可能性もある。

 「税金を支払わずに英国で巨額の利益を生み出すデジタルプラットフォームのビジネスは持続可能でもなく公…

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1090文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです