メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フリマ

「メルカリ」などアカウント不正作成 6万件超か

不正アカウント販売の仕組み

北海道警 三重の会社代表ら2人を不正作出容疑などで逮捕

 「メルカリ」などフリーマーケットアプリのアカウントを不正に作成し販売したとして北海道警は30日、三重県菰野町菰野の会社代表、位田(いんでん)謙一容疑者(49)ら2人を私電磁的記録不正作出・同供用容疑で逮捕した。いずれも容疑を認めている。道警は少なくとも約6万件の不正アカウントが作成・販売され、偽ブランド品や盗品の売買、詐欺などにも悪用された可能性があるとみて捜査している。

 逮捕容疑は、位田容疑者の会社のアルバイト従業員、石橋真奈容疑者(26)=同町=と共謀し2月6~7日、フリマアプリ運営会社の利用規約に反してアカウントを17件不正に作成、販売したとしている。

 メルカリなどのアカウントは不正を防ぐため、携帯電話の契約者情報を記録した「SIMカード」に割り振られた番号につき1件しか取得できない。道警によると、位田容疑者は通信業者からSIMカードを1枚約950円で大量に購入し、石橋容疑者ら複数の従業員に対し、カード1枚につき数種類のアプリのアカウントを作成するよう指示。虚偽の氏名、住所を登録して不正に作成されたアカウントを、インターネットオークションで1件1000~1500円で販売したという。

 昨年10月に偽ブランド品の販売に使われたアカウントを調べて発覚。道警は1月、位田容疑者の会社事務所から約8500枚のSIMカードを押収した。不正に作成されたアカウントは2016年以降の約3年間で6万件を超え、昨年1月~今年3月の間に約8500万円の売り上げがあったとみられる。【真貝恒平】

アカウント

 インターネット上の特定のネットワークを利用する際に必要で、ユーザー名やパスワードを登録して作成される権利。架空の氏名などで不正に取得されたものがネットオークションなどで売買されていることが問題になっているほか、不正に他人に個人情報を勝手に登録されて作成される「なりすまし」被害が多発しているとされる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  2. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  3. 青森 グーグルマップ改ざん 中学校名に「いじめ」
  4. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです