メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古移設

強引手法に沖縄から激しい憤り 承認撤回停止

「ノー」の民意が示された沖縄県知事選から1カ月

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画に圧倒的な「ノー」の民意が示された沖縄県知事選からちょうど1カ月。県による辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回の効力は30日、国土交通相によってストップをかけられた。移設反対の声に向き合おうとせず、埋め立て工事を強引に前に進めようとする政府に対し、沖縄から激しい憤りの声が上がった。

 移設工事が早期に再開される見通しとなった辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前。市民約50人が抗…

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1038文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 仙台市博物館 政宗の愛刀公開 ゲーム「刀剣乱舞」効果? 反響「普段の数十倍」 /宮城
  3. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  4. 大分知事選 現職と新人の2氏が届け出
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです