メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

被害者判定などで要望書 市民団体

 旧優生保護法の人権侵害を20年以上にわたって告発してきた市民団体「優生手術に対する謝罪を求める会」は30日、政府・与党ワーキングチーム(WT)と超党派議連に対して、手術が確認された当事者に被害記録を通知することなどを救済法案に盛りこむよう求める要望書を提出した。

 要望書では、通知の際に人権に配慮する▽…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文289文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです