日本シリーズ

ソフトバンク・今宮、チームに不可欠な存在

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【ソフトバンク-広島】四回裏ソフトバンク2死一、二塁、今宮が左前適時打を放つ(捕手・会沢)=ヤフオクドームで2018年10月30日、徳野仁子撮影
【ソフトバンク-広島】四回裏ソフトバンク2死一、二塁、今宮が左前適時打を放つ(捕手・会沢)=ヤフオクドームで2018年10月30日、徳野仁子撮影

 ○ソフトバンク9-8広島●(30日、ヤフオクドーム)

 一切迷いを感じさせないフルスイングで、引っ張った。ソフトバンクの今宮が四回2死一、二塁の好機で左前適時打。レギュラーシーズン終盤のけがから日本シリーズで復活した男が、貴重な追加点をたたき出した。

 中村晃の適時打で均衡が破れた後だった。広島先発・九里の外角低めのスライダーに右膝を曲げて対応。「良いところに落ちてくれた…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集