メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(50)新芸と日本の音楽家Ⅰ 柳川守

1950年に来日したラザール・レヴィ(左)と柳川

才能を見いだされて

 「君は4、5年もたてばホロヴィッツのようなピアニストになるに違いない」

 1950年10月に来日したフランスのピアニストでパリ国立高等音楽院教授、ラザール・レヴィ(1882~1964年)は、公開講座で一人の少年が弾いたショパンのソナタ(第2番)を激賞した。少年の名は柳川守(1932年生まれ)。前年(49年)の第18回音楽コンクール(毎日新聞社、日本放送協会主催)で第1位特賞を受賞していた。レヴィは「できうる限りのレパートリーをもって国際的なコンクールに出なさい。出場すれば必ず認められるに違いない」と太鼓判を押し、フランスに留学するならできる限り援助すると申し出た。

 当時の柳川は奈良の五條高校在学中で、その後東京芸術大学に進み安川加寿子に師事したが、中退して195…

この記事は有料記事です。

残り2746文字(全文3091文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  3. 「衆院選をやるなら7月以外にない」 麻生氏、首相に衆参同日選を進言 ちらつく「4選」戦略
  4. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです