連載

世界の雑記帳

ロイター通信から、「へぇ~」と思わず声を上げそうな海外のニュースをお届けします。随時更新。

連載一覧

世界の雑記帳

イタリアのバチカン大使館で人骨発見、80年代に失踪の少女か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 [バチカン市 30日 ロイター] - イタリアのローマ法王庁(バチカン)大使館で人骨が見つかり、警察が捜査している。バチカンが30日に明らかにした。

 イタリアのメディアは、この人骨が大使館職員の娘で1983年に失踪したエマヌエラ・オルランディさん(当時15歳)かどうか検証していると報じた。

 バチカンは声明で、人骨は大使館別館の改装工事中に見つかったと説明。検察の責任者が法医学の専門家らに、人骨の「年齢、性別、死亡日」を特定するよう指示したと述べたが、オルランディさんには触れなかった。

 オルランディさんの失踪はイタリア近代史上最大の謎の一つ。当初は、1981年に当時の法王ヨハネ・パウロ2世を銃撃して収監されたトルコ人メフメト・アリ・アジャの釈放を求める身元不明の複数の人物の企てとの可能性が取りざたされた。

 2005年には、匿名の男がテレビ局のトーク番組に、オルランディさん失踪の秘密が1980年代にローマを震撼させたギャングのボスとともに埋葬されたと通報。警察が2012年に墓を掘り返したが何も見つからなかった。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集