メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・南座

新生、大入り 再開場、顔見世始まる

吉例顔見世興行の第2幕「連獅子」で共演する十代目松本幸四郎さん(右)と八代目市川染五郎さん親子=京都市東山区で2018年11月1日、梅田麻衣子撮影

 耐震改修のため2年9カ月休館していた京都・南座(京都市東山区)が1日、再開場し、吉例顔見世興行の幕が開けた。待ちわびていた歌舞伎ファンらが新しくなった観客席を埋め、華やかな舞台に盛大な拍手を送った。

 南座の顔見世は例年12月だが、今年は再開場を記念して11月からとなった。歌舞伎十八番の一つ「毛抜(け…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです