メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・南座

新生、大入り 再開場、顔見世始まる

吉例顔見世興行の第2幕「連獅子」で共演する十代目松本幸四郎さん(右)と八代目市川染五郎さん親子=京都市東山区で2018年11月1日、梅田麻衣子撮影

 耐震改修のため2年9カ月休館していた京都・南座(京都市東山区)が1日、再開場し、吉例顔見世興行の幕が開けた。待ちわびていた歌舞伎ファンらが新しくなった観客席を埋め、華やかな舞台に盛大な拍手を送った。

 南座の顔見世は例年12月だが、今年は再開場を記念して11月からとなった。歌舞伎十八番の一つ「毛抜(け…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです