メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

米倉誠一郎さん 「経営の神様」人間臭く 評伝『松下幸之助』を刊行

米倉誠一郎さん=棚部秀行撮影

 イノベーション研究で知られる経営学者の米倉誠一郎さんが、「経営の神様」と称される松下電器産業(現パナソニック)の創業者・松下幸之助(1894~1989年)の評伝『松下幸之助』(ミネルヴァ書房)を書いた。今年は松下創業100周年。「『神様』の冠を引っぺがして、生き生きとした人間を描きたいと思いました」。強さと弱さを備えた人間臭い幸之助像、希代のイノベーター(革新者)としての幸之助像を強調している。

 副題は「きみならできる、必ずできる」。人をやる気にさせる幸之助の「殺し文句」から取った。「人材難を…

この記事は有料記事です。

残り1349文字(全文1599文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです