メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

西尾夕紀/大石まどか=専門編集委員・川崎浩

西尾夕紀 自分と重なる覚悟

 ものまねの対象が自分よりうま過ぎるとまねはできない。つまり、ものまね上手は歌がうまい。西尾夕紀は、ものまね番組の常連どころかチャンピオンクラスである。演歌はもとよりポップス、歌謡曲、どんな質の声でも出せるのではないかと思うくらい、まねも歌もうまい。ここが悩ましいところである。どうしても「個性」探しに時間がかかってしまうのだ。

 デビュー25周年。ストレートに「歌姫」(コロムビア)という記念曲を歌う。「亡き父に勧められて入った…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです