メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・南座

新生南座いやさか 顔見世封切り

吉例顔見世興行の「連獅子」で共演する十代目松本幸四郎さん(右)と八代目市川染五郎さん親子=京都市東山区で2018年11月1日午後0時41分、梅田麻衣子撮影

 耐震改修のため2年9カ月休館していた京都・南座(京都市東山区)が1日、再開場し、吉例顔見世興行の幕が開けた。待ちわびていた歌舞伎ファンらが新しくなった観客席を埋め、華やかな舞台に盛大な拍手を送った。

 南座の顔見世は例年12月だが、今年は再開場を記念して11月からとなった。歌舞伎十八番の一つ「毛抜(…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです