メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
東海第2原発

水戸市と千葉6市、事故想定避難協定 /茨城

 日本原子力発電東海第2原発(東海村)の過酷事故を想定した避難者の受け入れを巡り、水戸市と千葉県東葛地域の6市は31日、広域避難協定を締結した。受け入れに懸念を示す市民がいることに配慮し、水戸市の高橋靖市長は「再稼働ありきの計画ではない」と強調した。

 計画では、水戸市民約27万人のうち4万3811人を6市で受け入れる。各市の受け入れ人数は、松戸1万5889人▽柏1万1767人▽流山6006人▽野田4771人▽我孫子3390人▽鎌ケ谷1988人。

 高橋市長は柏市内のホテルであった締結式で、「(東葛地域の)市民にいろんな意見がある中、受け入れを判…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文682文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 県戦没者追悼式 平和、次世代に 水戸 /茨城

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです