メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊ナビ

催し /東京

 ■「第35回日本陶芸倶楽部アマチュア作品展と講演会・交流会」

     3、4日10~17時(4日は15時45分まで)、東郷神社境内の日本陶芸倶楽部(渋谷区・JR原宿駅)。会員の陶芸作品など約210点を展示。来場者は好きな作品に投票できる。作陶体験会や茶会も開かれ、作陶1点とお菓子付き抹茶一服セットの前売り券4000円(当日4500円)を発売。4日16時からは、陶芸家の見附正康の講演「赤絵細描の世界」と交流会もある(要事前申し込み、会費4000円)。入場無料。03・3402・3634

     ■「高尾山紅葉ハイキング」~モミジの紅葉とブナの黄葉を観賞~

     26日9~15時ごろ、京王線高尾山口駅集合(東京都八王子市)。森林インストラクター東京会が実施。赤く紅葉したモミジと黄金色に輝くブナを観賞しながらハイキングを楽しむ。定員30人(応募者多数の場合は抽選)で、参加費1700円。ほかにケーブルカー代など710円。「高尾山紅葉ハイキング」、〒住所、当日連絡できる電話番号、申込者全員の氏名(ふりがな)、年齢、性別、何で知ったか(毎日新聞)を明記し、往復はがき、またはメール(fit.fureai@gmail.com)で要事前申し込み。はがきの送り先は、〒193-0844東京都八王子市高尾町2438の1高尾森林ふれあい推進センター「高尾山紅葉ハイキング」係。12日必着。090・1809・1263(原田)

     ■「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」

     7~13日11~20時、渋谷ヒカリエ8F クリエイティブスペース8/など渋谷区内各所(渋谷区・渋谷駅)。NPO法人ピープルデザイン研究所が2014年から渋谷区と共催。マイノリティや福祉への「意識のバリア」を従来の枠にとらわれないアイデアやデザインなどで超えることを目指し、最新商品の展示やワークショップ、開発者のシンポジウムを通して「超福祉社会」の実現を考える。入場無料。contact@peopledesign.or.jp

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
    2. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
    3. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす
    4. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
    5. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです