メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

環境保護へ 手ぬぐいに願い込め 絵本作家の故・加古さん下絵 湿地ネット制作販売 豊岡 /兵庫

加古里子さんの下絵を基にデザインした手ぬぐい=兵庫県豊岡市城崎町で、高田房二郎撮影

 「だるまちゃん」シリーズなどで親しまれ、今年5月に92歳で亡くなった絵本作家、加古里子(かこ・さとし)さんの下絵を基にした手ぬぐいを、豊岡市城崎町の市民団体「コウノトリ湿地ネット」が制作し、販売を始めた。コウノトリの保護に力を入れる福井県越前市出身の加古さんが環境保護への思いを込めた作品で、関係者は「加古さんの願いが伝われば」としている。【高田房二郎】

 だるまちゃんシリーズや「からすのパンやさん」のほか、加古さんは子どもの好奇心を引き出す科学絵本も多…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです