メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎税関

明治期の辞書など初公開 30日まで出島で特別展 維新150年に合わせ /長崎

 明治維新150年に合わせ、長崎税関(長崎市)が所蔵する明治期の制服や辞書など初公開品を含む12点を展示する特別展が1日から、同市の国指定史跡「出島和蘭商館跡」で始まる。30日まで。

 長崎税関は1873(明治6)年に設置されたが、江戸時代にも長崎奉行管轄の「長崎会所」や「運上所」として海外との貿易を管理し、出島でも業務を担った。

 特別展では、明治後期に使われた法律辞典「現行法令輯覧(しゅうらん)」や貿易品に関する説明が書かれた…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文453文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです