メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白糖工場復元模型

県立古仁屋高生が作成 瀬戸内町の近代遺跡紹介 /鹿児島

 鹿児島県立古仁屋(こにや)高の生徒12人が、幕末~明治初期に同県瀬戸内町久慈で稼働した白糖工場の復元模型を完成させ、27日にあった同高の文化祭で発表した。「奄美大島に当時、世界最先端の近代工場が建っていたことを知ってほしい」と呼び掛けた。

 模型作成に挑んだのは、地元の近代遺跡について学ぶ地理歴史教科を選択し、白糖工場研究を進めてきた1、2年生たち。段ボールやペットボトル、空き缶を使い約2週間かけて縮尺50分の1となる縦54センチ、横180セン…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです