メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

与党WT救済法案の基本方針 ポイント

・「身体的・精神的苦痛に対し、深く反省しおわびする」と明記。旧法の違憲性には言及せず

・一律の一時金を支給、金額は他国の事例を参考に今後検討する

・救済対象は手術を受けた本人に限る。記録が残っていない人、手術に同意した人も対象

・厚生労働省内に専門家で構成する審査会を設置。医師の所見などを基に手術を受けた…

この記事は有料記事です。

残り54文字(全文204文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 韓国、対日批判強める 輸出規制「日本に大きな損害」 知日派の李首相活用も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです