メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

与党WT救済法案の基本方針 ポイント

・「身体的・精神的苦痛に対し、深く反省しおわびする」と明記。旧法の違憲性には言及せず

・一律の一時金を支給、金額は他国の事例を参考に今後検討する

・救済対象は手術を受けた本人に限る。記録が残っていない人、手術に同意した人も対象

・厚生労働省内に専門家で構成する審査会を設置。医師の所見などを基に手術を受けた…

この記事は有料記事です。

残り54文字(全文204文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです