特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法を問う

強制不妊、違憲性触れず おわびし一時金 与党WT救済案

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
与党WTが示した被害救済の手続き
与党WTが示した被害救済の手続き

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの不妊手術が行われていた問題で、与党ワーキングチーム(WT)は31日、救済法案の基本方針を明らかにした。被害者への「反省とおわび」を法案に盛り込み、申請に基づき被害認定を受けた当事者に一時金を支払うとの内容。国家賠償訴訟の原告側が明記を求めている同法の違憲性については、司法判断が示されていないことなどから触れないこととした。弁護団の要望との隔たりは残したが、被害者の高齢化などを考慮して早期の決着を急いだ。

 救済法案は、超党派の議員連盟も並行して議論しており、与党WTの方針とほぼ一致する。与野党は内容のすり合わせを本格化させ、来年の通常国会での法案提出を目指す。

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文891文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集