メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊、違憲性触れず おわびし一時金 与党WT救済案

与党WTが示した被害救済の手続き

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの不妊手術が行われていた問題で、与党ワーキングチーム(WT)は31日、救済法案の基本方針を明らかにした。被害者への「反省とおわび」を法案に盛り込み、申請に基づき被害認定を受けた当事者に一時金を支払うとの内容。国家賠償訴訟の原告側が明記を求めている同法の違憲性については、司法判断が示されていないことなどから触れないこととした。弁護団の要望との隔たりは残したが、被害者の高齢化などを考慮して早期の決着を急いだ。

 救済法案は、超党派の議員連盟も並行して議論しており、与党WTの方針とほぼ一致する。与野党は内容のすり合わせを本格化させ、来年の通常国会での法案提出を目指す。

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文891文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア・スラウェシ島の地震、死者34人に 600人以上負傷

  2. 全国で新たに7133人感染 重症者は934人で最多更新

  3. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  4. ORICON NEWS 『半妖の夜叉姫』公式が注意喚起、スタッフのなりすましツイッター確認

  5. 陸自3佐を女児へのわいせつ容疑で逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです